So-net無料ブログ作成
検索選択

911.第17回稽古 [「曙光」稽古場日誌]

MA330278.jpg13時開始。府中市施設にて。

隣が図書室だったので、大きな発声はやめとく。
なんとなくみんなストレッチしながら、おしゃべり。迷子が得意ななっつ、深夜に大学が開いているかということ、なんか話。

一時間ほどで稽古開始。
この日から、舞台寸法をとる。装置の一部(命名クララ1号)、小道具一部。


ほっておいたオープニング、ヤス部分をやる。
私はこういう芝居をする彼を見たことなくて、出演依頼するときに、この人にこの役を頼んでいいのか迷ったのだが…。
できるんだー。すげー。大好きだあ。


第一章通しを2回。
時間が前より長くなっている。なぜだ?テンポが悪いとは思わなかったが、ちょっとこれではかかりすぎ。もう少しタイトに。
第二章以降は、確実にテンポアップが求められるだろう。

しかし、感情は決して捨てずに。だから稽古が必要。

衣装さんが来て、徐々に決まっていく。
女優陣の「なっつカワイー!」に、難色を示す演出。プロデューサーとしては、メインの俳優が女性の心をくすぐるのは歓迎したいところだが。

そして裏ストーリーができる(笑)
また、ヤス父はおしゃれだ。

やっぱりあずきちゃんはすばらしい。少ない予算の中で演出の言うとおり、いや、それ以上のものを用意してくれる。



ラストシーン。未定だった部分が決まる。あれ、また用意するもん増えた?ね。
でも、素敵なシーンになりそうだ。ここらへんの演出センスは、演出と、あう。
次回からは、全通しメインの稽古。
いい芝居になるように。

写真は、カヨちゃんのオーストリア土産。ウエハスうまうま(^-^)

∞∞∞∞∞∞∞
カオスカンパニー2011年公演
『曙光』
スタジオあくとれ(JR中央線中野駅徒歩5分)

タイムテーブル(開演時間)
2011年10月
15日(土)14時/19時
16日(日)13時
(開場は開演の30分前)

前売り 1800円
当日 2000円

………
六年前、兄への手紙とともに牧内 梓は、東京から姿を消しました。

物語は、南アジアのとある国のとある島から始まります。
牧内 洋輔は、そこで一通の手紙を受け取ります。差出人は、妹の梓。最初の消印は、六年も前のものでした。
もう長いこと音信不通だった妹の、その手紙に書かれていたのは、北川冬彦の一編の詩でした。
南国の強烈な日差しの下、牧内は日本に戻る事を決意します。
今よりほんの少し過去の時代を生きた一人の女性を巡って、人々の追憶の旅が始まります。

………

チケットご用命は下記URLからお願いいたします。
http://www1.odn.ne.jp/kaosteam

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。